スキーバスツアーは便利で低料金で、こうした手段があることに多くの人が感謝しているわけですが、集合場所にたどり着くのが難しい場合があるというのが難点ではあります。

新幹線や飛行機を利用する場合はそうしたことがないため、初めてスキーバスを利用するときは油断してしまうことがあります。集合場所はわかりづらい、と初めから覚悟しておいて、早めに家を出るようにするのが無難です。荷物がほとんどなくて身軽に動けるときはそうでもありませんが、スキーバスに乗るときは、重い靴や板をかかえている場合が多いです。そうした重い荷物をかついで歩いて移動するわけであり、迷って探し回るのは相当きついものです。

なかなか見つからないときは、探すことを放棄したくなったりするかもしれません。駅や空港なら、なかなか見つからないということはありませんが、バスツアーの集合場所なら大いにあり得ます。近所の住民も、当然ながら個別のバスツアーの集合場所は知りません。駅や空港とはまったく違って、場所を突き止めるのに頼りになるのは自分だけということになるのを覚悟しておきましょう。

集合時間が夜である場合は、周囲が見えづらいため、地図やスマートフォンを頼りに動くということもしづらくなります。ツアー会社に電話して聞くとしても、同じように迷っている他のツアー客から電話が続いている可能性があり、電話がずっと通じない場合もあります。そのため、時間に余裕を持たせて行動することが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *