東京と大阪を結ぶ高速夜行バス路線は、多くの事業者によって競争が繰り広げられていて、様々なバスに乗る事が出来ます。

格安便に乗りたい場合は、50人弱が乗れる4列シートのスタンダードな観光バス仕様の車両に乗っておくのが良く、5千円程度で乗る事が可能です。トイレが付いていない場合は、2時間前後に1回のペースでサービスエリアなどに立ち寄るので、トイレが心配だと感じる人は、その都度トイレを利用しておくと安心して乗れるでしょう。4列シートであってもトイレ付き車両があるので、今までのバス移動中にトイレの件で悩まされてきた人は、トイレ付きの便を予約しておく事をおすすめします。

東京と大阪の夜行バスに乗る際に、疲労感を出来る限り軽減させたい場合は独立3列シートタイプの便を使うのが良いでしょう。座席定員を抑えている事に加え、前の座席幅がゆとりある設計になっているので、窮屈に感じない事が魅力として挙げられます。運賃は1万円前後が一般的で、繁忙期になると1万を超える事もしばしばあります。

東京と大阪を結ぶ夜行バスの所要時間は、8時間台や9時間台が多く、乗車時に仮眠を取って翌朝に備えたい人もいる事でしょう。夜行バスは、車両の構造上どうしても騒音を発してしまうので、その中で眠るためには耳栓の装着や、明かり対策のアイマスクの利用が必須になって来ます。この2つを行っておくだけでも長く眠る事が出来るので、出発前にグッズを購入するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *