女性が東京大阪夜行バスを利用するときに悩みやすいのが、夜の乗車だけにメイクをどうしたらよいかです。

肌にファンデーションを塗ったまま一晩を過ごすと、肌は1年分は老けると言われています。雑巾を顔にのせて眠るようなものと表現されることもあるほど、お肌にとって良いわけがありません。さらに東京大阪夜行バス乗車の時には、スキンケアもどうしたらいいか悩みます。翌朝をみずみずしい肌で迎えるためにも、東京大阪夜行バス利用時には、できるだけ落としやすいお化粧をすることです。

可能であればすっぴんで乗り込むのがいいですから、その時はマスクで顔をカバーします。周りの目が気になる時には、すぐに落とせる薄いメイクをして、バスに乗ったらメイク落としシートでオフして、ミニボトルの化粧水や乳液で肌を整えれば大丈夫です。クレンジングに手間がかかる、アイシャドウやマスカラなどアイメイクは控えます。

メイク落としシートでの拭き取りでは、化粧品の油分が気になるようであれば、次のサービスエリアでの休憩時に、化粧室でメイクを落として基礎化粧品を使うことです。一晩を過ごすことになる車内は大変乾燥をしているので、メイクを落とした後はいつもよりたっぷりの基礎化粧品で保湿をしておきます。できるだけ選びたいアイテムは、成分的に保湿力の高い種類です。化粧水だけだとバス内で水分蒸発を起こすので、油分を含む乳液や美容クリームも必ず使うようにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *