大阪と東京区間の夜行バスは、毎日何便も運行しています。

同じ高速バスを利用する場合でも、日中運行しているバスと夜間に運行しているバスでは若干費用も異なるので、少しでもお得に移動されたいのであれば夜行バスの利用をおすすめします。夜行バスですが、たいてい21時台から0時台の出発便があります。大阪の場合、梅田や難波が主な停留所となっており、東京の停留所は東京駅や新宿や上野あたりが多くなっています。最も予約の多い区間は梅田から東京駅に着くバスですが、もしここへ行くバスが満席だったとしても、新宿などを選べば空席がある場合も多いので、こちらの便を利用されると良いでしょう。

夜行バスには、トイレ付のバスと同時にトイレ無しのバスがあります。トイレ無しのバスの方が若干費用もお安めになっています。もしトイレの心配が無いのであれば、こちらを利用されても良いですが、たいていこの区間の場合、3か所ほどのサービスエリアかパーキングエリアに10分間ほどの休憩を設けているので、その時にトイレに行けば問題ありません。

また4列シートが基本ではありますが、ゆったりとした座席を希望であれば3列シートもありますし、女性にとっては嬉しい女性専用バスもあります。またブランケット付などサービスが充実しているバスもあるのでおすすめです。このように大阪と東京区間の夜行バスは、様々な種類があります。他の交通機関に比べて費用もお安めですし、7時間程度で目的地に到着するので、眠っていればすぐに着くので、利用されることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *