海外や国内の旅行に行く際には、いろいろな旅行会社のパッケージなどを見るようにするといいでしょう。

最近はかなり安い商品も数多くあるので、気軽にツアーの申し込みをすることができる時代になっています。とりあえず予約を入れることによって飛行機の席を確保できたりするのです。これが申込書の書面であったり、インターネットでクリックや入力などでできる場合もあるのです。

しかし、これは仮予約といった状態になっているのです。本来ならば、ツアーの予約というのは申し込みと入金などを済ませた時点で成立するものです。ですから、全額の支払いや申込金を入れることをしない場合には、まだ完全に予約が完了していない状態なのです。最近は支払いもクレジット払いもできるところが増えました。

これが出発日にせまってくると、迅速に手続きを完了しなければならないのです。キャンセルがかかってきてしまう時期に入ってくるからです。年末年始や夏休み、そしてゴールデンウィークなどの一部の繁忙期に出発をする場合では、キャンセル料がかかるのが、40日前からになります。通常の時期では30日前になります。

そして出発日に近くなってくると、キャンセル料の割合が上がってくるので、直前にやめることになると、かなりかかるようになります。ですから、ツアーの申し込みをする際にはそういった規定をしっかりと確認しておく必要があります。それを承知で申し込みをしていくことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *