日本は現在観光立国を掲げた政策を行っていますが、富裕層などを含む外国人ツアー客の獲得競争は国家間でも激化してきています。

そのうえ、時代の流れによって大きく変動する問題もあります。そのため、今後も外国人ツアー客を獲得するためには、国や地方自治体、住民が一緒に協力して様々な政策をとる必要があります。まず、国に必要なことは為替政策です。円安になると海外からのお客さんは、自国で購入するよりもお得感が増し、購買力が増します。

近隣国の方であれば日帰りでも日本で買い物をしたいと考えるようになります。その結果、訪問地にお金を落としてくれるためその地域が潤います。次に、外国人ツアー客を飽きさせないことが重要です。現在日本に訪問する地域は中国人のゴールデンルートのように固定化されており、何回も訪れている方は、将来的には飽きる可能性があります。

日本には他にも魅力のある地域があることを外国語でよりアピールする必要があります。また、外国人ツアー客は一度に訪れる人数も多く、生活習慣も違うため、現地でいろいろと問題になることもあります。しかし、日本の文化や決まりもしっかりとアピールしたうえで、おおらかな気持ちで迎えてあげることが理想です。ちなみに、京都の場合は地域住民も含めたおもてなし政策をとっています。

最後に、日本は地震などの自然災害が多い国でもあります。日本人と同じように被災した場合の対策をしっかりと考える必要があります。日本は安心安全で地域の潜在能力も高く、上手にその魅力をアピールすることができれば、今後もこの流れは続くのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *